ご挨拶

全開口笑は「あなた」と
「あなたの大切な人達」の
笑顔と元気を、全力でサポートします!

「テーブルを囲みみんな笑顔で食事をする。」
全開口笑の店名の由来です。

中国料理の他の国より良いところのひとつに、
一皿の料理をみんなでシェアして分け合って食べられる事があります。
何も話さなくても、同じ料理を一緒に食べ続けるだけで、

不思議と人は仲良くなれるのです

料理は東京と横浜で修業をして基礎を学びました。
アジア諸国を食べ歩き、自分の目と舌で感じた味に
アレンジを加え、独創的なメニュー作りを心がけています。
食材は毎日、地元の旬のものを厳選しています。
旬の食材には「あなた」を元気にする力が宿っているからです。
その中でも特に「野菜」と「コラーゲン」に注目し、

あなたが上手に摂取出来るよう心がけています。
それに、多種多様な中国の香辛料を使って、時間と愛情をかけ、
ひと皿ひと皿丁寧に仕上げています。


「今日の自分へのご褒美にチョットだけ贅沢♪」
普段着のまま、時を忘れてくつろいでいただきたい。
全開口笑のテーブルからはいつも笑い声や楽しい会話が聞こえてきます。
「ホント、ここの料理何を食べても美味しいわぁ〜」
「なんか、元気出たわ!ありがと!」
帰り際のお客さまの一言が何よりのご褒美です。

「美味しい料理は人をしあわせに出来る」

わたしの信じて疑わない言葉の一つです。

全開口笑は食を通じて、男性には「元気」を!
女性には「キレイ♪」を、全力で応援します。

全開口笑オーナーシェフ 竹内 公明


中華一筋に早30年。

東京原宿や、横浜で修行を積んだ後、30歳で独立開業。
以後、主に中国を中心にアジア諸国で現地の名物料理を直接体験し、
金沢風にアレンジして出きたメニューは全てオリジナルです。
ベースは「新広東料理」いわゆる香港料理ですが、
麻婆豆腐なら四川の香辛料を使って四川料理風にと心がけているので、
「○○料理」の冠はありません。
「みんなで口を開けて笑いながら中華を楽しんでもらおう」
がお店の名前の由来です。

店内は、カウンター10席と2階のテーブル席7卓30名で構成され、
1人から団体まで人数に合わせてテーブルをご用意。

食材は能登鳥や石川県で捕れた新鮮な魚貝類に地物の野菜や加賀野菜をたっぷり使った身体に嬉しい料理、食べやすい量、手頃なお値段をいつも心掛けています。

お客様層は30〜60歳が中心で女性客が7割位ですが、
場所柄か旅のお客様も多数お見えになります。
よろしければ是非、私のこだわり中華を食してみてください。